この地で生まれ、この地で農に携わるからこそ
作れるものがある
わが三木市吉川町で作る、
日本最高峰の山田錦
その素晴らしさをもっと世の中に広めたい、
日本酒だけでなく他のものでもその魅力を伝えれれば、
と考えたのが山田錦の入ったビール、「吟米麦酒」です
この吟米麦酒が山田錦と、
それを育んだ特A地区兵庫県三木市吉川町、
そして、吉川町産山田錦で醸した日本酒に
興味を持っていただくきっかけになれば
嬉しく思います。


  • 三木市吉川町の東端部水上地区愛宕山上から
    山あいの谷間に田が拓かれている
    写真奥の中央左が丹波山地の虚空蔵山、同右が白髪岳
    三木市吉川町の東端部水上地区愛宕山上から

  • 山田錦栽培田前山田錦栽培田前で。田の中の稲は収穫適期を迎えた山田錦。


  • 良く熟した山田錦良く熟した山田錦は穂の重みで倒れ、
    その光景は波に例えられることもある。

  • 吟米麦酒 山田錦入り写真グラスは、ビールグラスシュピゲラウのチューリップ
    ※このグラスには330ml以上のビールが入っています。

  • 山田錦玄米特A地区吉川町産山田錦玄米。
    器は日本六古窯の丹波立杭焼ぐい吞み。
    ※この山田錦は吟米麦酒に使用している等級米ではありません。

  • 山田錦栽培田山田錦栽培田から前述丹波山地、虚空蔵山、白髪岳が谷の隙間から覗く

当サイトの著作権は、なごみふぃーるど(兵庫県三木市吉川町)に帰属します。
※お酒は20歳未満の方に販売できません。